インフォメーション

2017/06/24

寺石正作展「ロウケツ染めの世界」

二階ギャラリーにて開催中!

o0480036013954704539.jpg

寺石正作さん

てらいし しょうさく

大正10年(1921)~平成12年(2000)

 

1942年 京都絵画専門学校(現京都市立芸術大学)図案科を卒業。

1950年 日展に初入選。

1963年から現代工芸美術家協会会員となり,同年第2回日本現代工芸美術展で大賞受賞。1965年新日展で特選・北斗賞受賞。

1984年、85年と日展で会員賞を受賞。

1983年新工芸展で楠部賞受賞。日展審査員、京都市立芸術大学講師を務め、

1991年には京都府文化賞功労賞を受賞。染色絵画以外では、椴帳を多数制作する。

 

(昭和25年頃より

内外の会館劇場の舞台緞帳の

製作に関与し数多くの原画製作及びその監修等されてました。)